okuyumi/ 3月 18, 2019/ 未分類

こんにちは。今週、来週のご予約状況をお知らせします。 空き枠は以下の通りです。
18日(月) 満席
19日(火) 休業日
20日(水) 満席
21日(木・祝) 満席
22日(金) 17:00~18:30 1枠
23日(土) 17:00~18:30 1枠
24日(日) 満席
25日(月) 休業日
26日(火) 11:00~12:30 1枠
                       14:00~16:00 1枠
                       16:00~17:30 1枠
27日(水) 17:00~18:30 1枠
                       18:30~20:00 1枠
28日(木) 13:30~15:00 1枠
                       15:00~16:30 1枠
                       16:30~18:00 1枠
                       18:00~19:30 1枠
29日(金) 11:00~12:30 1枠
30日(土) 16:00~17:30 1枠
                       17:30~19:00 1枠
31日(日) 11:30~13:00 1枠
                       13:00~14:30 1枠
                       14:30~16:00 1枠
                       17:30~19:00 1枠

1枠は、平日は1名様もしくはペアで(※土日は1名様)でご予約いただけます。
クービック予約システムから予約する
お待ちしております♪

~編集後記~
気がつけば3月ももう後半! 木曜日は春分の日ですね。
一年の中で昼と夜の時間が同じになるこの日、
農村部では昔から春の訪れを祝い、ご先祖に感謝し、豊作を祈念する風習が長く続いてきました。
この時期、牡丹餅(ぼたもち)を仏壇にお供えするご家庭もいらっしゃるのでは。
ぼた餅のあんに使われる小豆(あずき)の赤い色は、太陽や血を象徴する生命の色。
とてもおめでたく、また魔除けの力があると信じられていました。
赤に近い色の小豆のお餅をお供えし、自分たちも食べることで、
ご先祖を供養し、邪気を払って身を守ることと結びついたのでしょう。
小豆には利尿作用や解毒作用があるので、冬の間にたまった老廃物の排出をうながし、
季節の養生をするのにもぴったりの食材と言えます。
意味を知ると、昔の人々の思いや自然がよりいっそう愛おしく感じますね。
ご先祖様に感謝の思いをはせながら、美味しくぼた餅をいただきましょう♪